読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

leafukufuku’s blog

2017年からリーフと過ごす、時代にかなり乗り遅れた人のブログです。フォルクスワーゲンの話はほとんどありませんので念の為。

何故リーフを買うことになったのか 4

リーフ 納車前

上の子がインフルエンザB型に罹りました。一昨日から絶賛発熱中で辛そうです。お医者様の話だと既に家族も感染している可能性が高いそうでマスクをしています。確かに筋肉痛が出ている上に少し怠い気がしますが、単に仕事したくない病のような気もするのでよく分かりません。

あまりに更新のペースが遅すぎて車選びの事を忘れそうなうえ、納車になってしまうかも知れませんのでもう少し急ぎたいと思います。とはいえまだ2週間以上先の話なんですが。

 

 

 

 その3で書いた通り、車の購入に当たっては

「エルグランドに修理費とガソリン代を払うくらいの金額までで抑える」

ということが条件になりました。エルグランド大体月2-3回のペースでハイオクを給油しており、半年ごとに点検していましたのでランニングコストは結構かかっていました。ざくっとそれらの費用を月割りにして考え、候補に挙げたのは以下の3車です。

それぞれの私が考えた利点と不利点です。

 

 

1.エクストレイル

利点…もともと乗っていたこともあり、SUVは好きです。ミニバンから乗り換える意味も見出しやすいな(もう少しオフロードを走ってみるとか)と感じていました。エクストレイル自体も出た時から好印象でした。

不利点…既にビッグマイナーの噂が出てから久しく、恐らく1年以内に確実にモデルが変わるであろうことが大きかったです。現行車には付いていないプロパイロットが付くかもと言われていますので、この機能に大変魅力を感じている私としては今買うのはちょっと…と思いました。また、試乗時の印象としてハイブリッドの動作が緩慢で、動き出しなどがもっさりしていたのも気になっており、買うならガソリンで値引き狙いかなと思っていました。

 

2.セレナ

利点…エンジンなどはキャリーオーバーとはいえ、最新型です。色々な先進装備が魅力的でしたし、細かいところも使い勝手が良くなっているように感じました。デザイン的にも嫌いではありません。

不利点…ダウンサイジングとか理由はつけられますが、絶対的に狭くなってしまうことが最大の難点でした。子どもがこれから大きくなるところでわざわざ小さい車にする理由が自分の中では上手くつけられそうもありませんでした。それから値段がとにかく高い。先進装備がついていると言っても実質前車追従のクルコンです。ゴルフでもついているものをここまでふっかけられるのはちょっとなあと思いました。ハンズフリーのスライドドアも一度も開かずイライラしました。

 

3.NV350キャラバン

利点…何と言っても広い荷室です。自転車、キャンプ、スキー、車中泊、私がやりたいことどれをとっても楽々収めることが出来る車です。何回か代車で借りましたがディーゼルターボも力があり、とても楽しく運転できました。

不利点…やはり商用車ですので乗り心地・騒音・空調どれをとっても乗用車にはかないません。特に乗り心地は車好きだが車酔いするうちの家族には厳しいと思いました。キャンピング仕様などに架装出来れば違うと思いますが、そちらは予算オーバーでした。購入するとしたら四駆なのですがエマージェンシーブレーキがつかないのもマイナスポイントです。

 

家族会議の結果3は却下されたのでエクストレイルかセレナでの代替えを前提にディーラーに向かいました。これが12月中旬の話です。なぜか候補にリーフが居ません。理由は次回に。

 

何故リーフを買うことになったのか 3.5番外編

リーフ 納車前

下の子どもが色々と調子が悪いようで、日曜日は急遽元気を出してもらうようにお出かけしてきました。出先でも鼻血を出したり色々と大変でしたが、少しは楽しんでもらえたようで何よりでした。が、この子と出かけるといつも食事代がえらいことになるのが難点です。昨日もラーメンを食べる筈だったのですが

・予定していた店が改装工事中(これが一番ダメージでかかった)

・代案として考えていた店が豚骨系だった(子どもは東京風醤油が一番好きで豚骨が一番嫌い)

・歯科矯正している為食べられそうなものが少ない

ということで、駅中のお寿司屋さんのイートインになりました。所用で参加できなかった前日の飲み会の分お金が浮いていたはずだったのにあっという間になくなりました。悪意はないので憎めませんが、実に悪魔のようなやつです。

 

 

 

 さて、車を変えることを真面目に検討し始めたのですが、そもそも我が家には「日産車以外乗らない」という不文律がございます。今回これについて書きたいと思います。

 

「私の父親が昔勤めていたから」

一言で行ってしまえばこれだけなのですが、私の成長過程において家の車は常に日産車、野球を見に行くのは夏の都市対抗、サッカーはJSLか天皇杯、興味があるスポーツの結果は卓球か陸上(ここマニアックな話なので分かる人だけ分かってください)、レースは勿論日産車の応援という状況だった為、なるべくして日産フリークになったという感じです。当然のように就職試験も受けましたが3年生にして優一(優が一つしかないことです。念の為。)だった私が合格するはずもなく、まったく別の会社に就職し、ただの日産バカという実にみっともない現状になりました。

ちなみに社員でもないですしお取引もないですが未だに社歌・世界の恋人・戦わんかな・GOGO日産を歌えます。タイミングが合えば工場祭なども行きますし、ギャラリーのイベントは基本チェックしています。ひとつも自慢になりません。そんな私が車を買うとしたらやっぱり日産車しか選べませんでしたし、実際これまでの2台は日産車でした。

ただ、このような縛りを自分に課すことは一つも良いことが無いのは十分に判っております。免許取りたての頃は友達の家のマークⅡやクラウンを運転させてもらうとその楽ちんさ(いい意味で)にビックリし、レンタカーで借りたレオーネの雪道での安心感に感動したりしました。もう少し経って友達が買ったCR-Xデルソルの屋根開けはガンダム世代には堪らないものでしたし、インテグラタイプRはモーターみたいに回るエンジンがとても楽しい車でした。等々。

そんなわけで子どもたちにはいろいろな車に興味を持ってほしいと思い育ててきました。友達の車には積極的に乗せてもらうよう仕向けましたし、車を手元に置いていなかった時期、タイムズプラスで借りるレンタカーは日産車以外を選びました。デミオ良い車だったなあ。子どもたちも毎回違う車に乗れることで色々楽しんでいたように見えました。

が、子どもたちは私の教育以上に祖父(私の父です)を尊敬していたようです。実家に行った時に見せられる昔の写真やエンブレムを見せられたり貰ったり、テストドライバーをしていたころの話を聞かされたりしていたのが良かったのか悪かったのか。結果私以上の日産好きになっておりました。

分かってはいましたが今回、車を選ぶ話をしたところ、日産以外の車を選択肢としてあげると猛然と反対されました。子どもたちはスポーツカーが大好きですし、思い切って趣味的な車にするのもいいかと思い、86、WRXロードスターなどを挙げてみましたが全然良い反応を得られません。日産には今選びたい車が無いということが分かっていても、どうしても他社の車に乗ることは考えられないらしいのです。挙句俺の金で買うんだから文句を言うなというと黙りましたが、そろってうっすら涙を浮かべています。面倒くさいです。

 

そんなわけでうちの車はまだしばらく日産車でなければならないことになっております。

あぶないところだったー

リーフ 納車前 買い物

週末はどうしてもブログを書く暇がありません。それどころか何もする暇がない。いったい何をしているのかというと平日出来なかった掃除とか雑用とか子どもの機嫌取りとかPTA活動とか。すごい働き者みたいに聞こえますが結局平日もっとうまくやっていれば時間も取れるんです。ダメ人間。そんなダメ人間がすきま時間でリーフの事を調べています。意外と楽しみにしてるんでしょうか、私。

 

 

 

 無理を承知でリーフでの遠出を目論んでいる私にとって、今結構興味があるのは「車中泊」です。それについて調べていた時に見つけたのがこちらのページ

ygkb.jp

私の想定は「一人」ではないので若干条件が違うのですが、とても参考になる内容でした。そしてそこで衝撃の事実を発見したのです。ブログ主様が借りられたのはピッカピカの現行型(2016年10月時点)とのことですので、私が注文したものと同じだと思うのですが、その写真の中に見逃せない1枚を発見。

https://ygkb.jp/wp-content/uploads/2016/10/5-1.jpgスイッチパネルが全部埋まってる・・・。

リーフのブログや記事は結構初期モデルのものが多いので、大体こういった画像を見ていました。

http://car.watch.impress.co.jp/img/car/docs/480/532/html/LEAF_043.jpg.html

(Car Watchの記事の為リンク先でご覧ください)

最初の頃に「リーフを買ったらつけたいもの」的な内容で書いた純正風スイッチを付ける場所などどこにもありません。

 

leafukufuku.hatenablog.com

 嫌な予感がして買わなかった自分を褒めてあげたいです(普通?)。

良かった良かった。とりあえず回路を短絡するキットのみ購入しようと思います。

 

何故リーフを買うことになったのか 3

リーフ 納車前

今日は風が強かったです。

仕事中の移動、もう一台の愛車のモコで高速道路を走っていたのですが「バキン」というような異音がしました。横風が強いときに聞こえたのですが、その一回だけだったので気にせず打ち合わせに向かいました。帰りも高速で走っていたのですが、行きと同じあたりで横風を受けたら「バキバキ!」と音がしました。今度は定期的に音がします。どうやら右後ろらしいと気づき、「何かぶつけたかなあ」と思いながらサイドミラーを見るとリアバンパーがプラプラめくれていました。先日妻がぶつけたところです。固定具が割れているのは気づいていたのですが、どうやら割れ方が酷くなったようです。とほほ。明日は修理にチャレンジです。

 

 

 

 エルグランドの車検に100万近くかけるのか、新車を買うのか。1ヶ月で決断しなければならない状況なりちょっと焦りましたが、うちの車の在り方を考える絶好のチャンスだと考え直しました。そもそもうちにはエンジン付きの乗り物が3台あるのですが、うち2台は結構なおんぼろで金食い虫だったのです。バイクは車と同タイミングで車検でしたがスターターモーターが壊れて入院(こちらも買い替えを検討しましたが流れました。その話は別の機会に)、エルグランドは修理が必要な状況で燃費が最悪という状況で、このままの状態を続けることは家計的にも相当厳しかったのです。

特に妻はこの状況に否定的で、バイクの買い替えも全く同意してくれず勝手にしろという感じでしたし、車に至っては手放してモコ1台にしてしまえばいいとさえ言っていました。私が昔から車好きなのを知っている筈の妻にこうまで言われるのは非常に辛く、そんな風に言われるくらいなら全て手放して気楽になろうかとも考えました。ですが、妻もその後少し折れてくれて「現在の家計の範囲内で」(←ココ超重要)買えるのであれば乗り換えてもいいよと言ってくれるようになりました。実の所寒空の下子どもの送り迎えなどを全部自転車でやることを想像して嫌になったんだと思いますが、それはそれとして。

 

ともかく、エルグランドに修理費とガソリン代を払うくらいの金額で車を入れ替えられるのであればオッケーという条件になりましたので、

・条件に合いそうな車の選定

・条件を満たすかどうかの試算

を始めることになりました。

ようやく次回、車選びと試算になります。

ブログの文章って書くの難しいですね。

 

【速報】生産時期決まる

リーフ 納車前

月初で死ぬほど忙しいさなかで今日も6時から仕事してますが、そんな中営業さんから電話を頂きました。詳しくは後程ですが納期は今月ぎりぎりになりそうです。詳しくはまた後で。→追記しました。

 

 

 

丸一日経ってしまいましたが、昨日の朝一、営業さんからお電話を頂きました。

私のリーフは来週中に追浜工場のラインに入り、翌週にオーテック、翌々週にディーラーに到着する模様です。工場での日程が5日間取られているので少し長いですねと言われました。

「工場見学を考えられているとお聞きしていたのでご連絡させていただきました!」

と元気にお伝えいただき大変有難かったのですが、Webで見る限り追浜工場の見学は今月いっぱい満席のようです。一応ゲストホールに聞いてみようと思っていたのですが、仕事でバタバタしているうちに受付時間外になってしまいました。来週月曜日の朝に改めてチャレンジですが、いくらなんでもぎりぎりすぎるだろうなと思っています。なんだかネガティブモードですが、あの車に関して何かやろうとすると必ずうまくいかないような気がしてきました。お祓いでもしてもらった方が良いのかなあなどと考えたりしています。

工場見学

リーフ 納車前

いくら納期が遅いと言ったってそんな先の話じゃないよねと思ってたころが私にもありました。せいぜい2週間先位かなと考えていたところ、

「それなら工場見学の申し込みが間に合うんじゃない?」

と思いついたのでした。契約して数日後の話です。

 

 

 

 このブログをご覧いただくような奇特な方はよく御存じだと思いますが、リーフは日産の追浜工場で製造されています。日産の中でも昔からある主力工場で、ブルーバードとかマーチとかプリメーラとか台数が結構出るような車を作っていたところです。今はノートとかジュークとか作ってます。そんな中で月1000台くらいしか売れないリーフ、しかもへんてこな色がラインに流れてたらひょっとしたら見つかるんじゃない?という実に安直な発想で工場見学について調べてみました。

www.nissan-global.com

工場見学申し込みのページを見ると、おおよそ1週間後以降の申し込みが出来るように見えます。この時は翌週は全て満席、翌々週が月曜と金曜が空いていたと思います。子どもの学校の入試休みが数日間あるタイミングだったのですが、そこは全て満席だったので電話して聞いてみました。ネットでの申し込みがダメなときでも空いているかもしれないから電話してみろということでしたので。結果、やっぱり一杯で入れてもらえませんでしたが、受付先のゲストホールのご担当の方はとても丁寧な応対で好印象でした。

こんな経緯があって、そもそもいつ頃ラインに流れるのか気になったから電話したというのが前の記事でした。

 

leafukufuku.hatenablog.com

 今思えば

・工場見学は人気があってそう簡単には希望日程で見られない。思い返してみると栃木工場見に行った時も相当前に申し込んでもらってた。

・リーフは自分が思う以上にラインに流れない

・そもそもe-Power人気でノートばっかり作ってるだろ

ということで実に甘く見ていたなあと。それでもできれば見学チャレンジしてみたいのですが、うちのリーフが流れるであろう今月中盤は満席サインです。ディーラーからお願いしたら何とかならないのかなあと思っています。

何故リーフを買うことになったのか 2

リーフ 納車前

旧友がなぜか突然「いつごろ納車?」とLineで聞いてきました。正月早々に契約した時にLineを送ってそれっきりだったのですが、なんだろうと思いつつ現状を報告しました。で、それっきりです。多分彼の事ですから思い出したところで聞いてみたけど取りあえず興味ないからそれでいいやということだと思います。なんかテンション下がります。さて、購入の経緯其の2です。

 

 

 

 12月に入り、さすがにそろそろ車検切れが気になってきました。有難いことに賞与も出るので車検準備をしようと思ってディーラーに連絡を入れました。それまでの間にももし買い換えるならという前提でエクストレイルやセレナの見積もりを取ったりしていましたが、どちらも決定打が無く、結局車検を通すことになるなと思っていました。

ディーラーで車を見てもらい概算見積をつくってもらっている間も上記の2台を見ていました。エクストレイルはかなり気に入っているのですが、マイナーチェンジがかなり近そうで且つそれなりに内容が変わりそうなので今買うのは躊躇してしまいます。セレナはプロパイロットなど興味を引く装備が多いのですが、少々お高いなと感じるのと、何よりエルグランドよりかなり狭くなってしまうところが乗り換えの意欲を削ぎました。(ちなみに現行のエルグランドはそもそもE51より狭くなってしまっているので最初から対象外です。なんであんな馬鹿なモデルチェンジしたのか分かりません。アルファードがでかいままなのを見ると、トヨタに比べて日産は本当にセンスが無い、客が分かっていないと思います。)

そうこうしていると営業さんが見積もりを持ってきてくれました。今にして思えば買い替えを促す為にかなりふっかけられたのだと思いますが、全部で80万位の見積もりが出てきました。更に、これで直すのは現在明確に不具合が出ているところだけで、懸念のあるパワステポンプは手を付け無い想定になっておりこちらもいつ壊れるか分からないと言われました。50万くらいはかかってしまうと思っていたのでそこは諦めるつもりだったのですが、さすがに100万に手が届きそうになると躊躇します。営業さんは私がE51を気に入っていることを良く知ってくれているのですが、申し訳ないけれどここまでお金をかけるべき車ではない、乗り換えを検討してほしいと言ってくれました。

車検切れまで1ヶ月強の段階でこのような状況になり、当時の私は正直相当焦っていました。

つづく。