読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

leafukufuku’s blog

2017年からリーフと過ごす、時代にかなり乗り遅れた人のブログです。フォルクスワーゲンの話はほとんどありませんので念の為。

リーフのグレードとかいろいろを決めた話

先のエントリーの話の続きになりますが、色を選んだ時には妙なテンションだったのでこれまでに見たことに無い色から選びました。ところが、後でよくよく考えてみると、不人気色ってレンタカーになることが多いですよね?車種違いも含め同色の車をあまりにも見かけないので、最初は悪目立ちしないかと心配していたのですが、最近はレンタカー色になっちゃったらどうしようと心配しています。法人向けは特価になっているのか、充電場所が増えたからなのか、最近カーシェアリングとかでもよく見かけますよね、リーフ。

 

予算的な都合があり、グレードは2択でした。

①G 30kwh thanks Edition

②Xエアロスタイル thanks Editionに革シート以外のG相当のオプションを付ける

①は妻と上の子が推していました。妻は久しぶりに革シートの車に乗りたいというのが理由、子どもはスポイラーの太陽光発電に興味があるという理由でした。

②は私が推していました。革シートにそこまでの執着は無く、そこにお金を使うならエアロとかに使いたいという気持ちがありました。①と②は似通った値段になりますので、それなら②だろうと思っていました。正直なところ、上の子もnismoのエアロをつけたいと言っていた位なので乗ってくれると信じていたのですが、エアロスタイルでは駄目だったようです。まあ確かにそれほど派手ではないですから仕方ないところでしょうか。

両方の見積もりを出してもらったところ、②の方が残価が高いことが判明。結構しっかりとした差がありました。エアロスタイルというところがポイントだったと思われます。結果、子どもの意見はお金の都合に負けることになりました。

 

次は色です。残価設定型ローンということで下取を考える必要がありません。ということはどんな不人気色を選んでもいいわけです。ここでまた意見が分かれました。

 

ソニックブルー派 これは上の子です。そのモデルのイメージカラーなどにこだわるタイプの子なので、よくわかります。

②ダークグレーorソニックシルバー派 これは下の子です。こちらは恐らく前のエルグランドがシルバーだったのでそこに近い色を選んだものと思います。

③タンジェリンオレンジ派 私です。とにかく変わった色に乗ってみたいと思っただけです。ただ、GT-Rやポルシェでも似た色のカッパ―が出てきていましたので、結構エアロスタイルに似合うし、意外と流行るのではないかと思ってました。

④どうでもいい派 妻です。もはや私に何を言っても仕方ないというか、人生に数回であろう車の購入に乗り気でなく投げやりな私に同情したというか、基本私の意見で良いと言っておりました。

 

ちなみに白と黒はメジャーなので却下しました。

この色決めはさんざん揉めましたが、協議の結果タンジェリンオレンジにほぼ決まろうとしていました。ちょうどその時、旅ホーダイのCMが流れたのです。最後まで反対する下の子に「ほら、あの色だよ、結構いいでしょ?しかもエアロスタイルだから珍しいよ」と説得すると「でもCMの車、エアロスタイルだよ」。

なんですと?

慌ててホームページを見てみると、本当です。エアロスタイルです。珍しい色だからという材料は消滅しました。私のテンションも激落ちです。

 

その後多少の議論がありましたが、結局もう1色の変わった色で行くと新たに宣言しました。勿論子どもたちはブーイングです。が、私は正直もうだいぶ面倒になっていました。正直何色でも良い、ただレンタカーとかご近所とかとかぶらなければどうでもいいと思っていました。こうして我が家の車の色は決まったのでした。

 

2回にわたって書いた通り、正直失敗したなと思っています。実物が思ったより格好いい色でありますように。

 

 

何故リーフを買うことになったのか 9(一応完結)

あまりにも選んだ色がマイナーすぎて今日に至るまでカタログ画像しか見たことが無く、せめて同じ色がある別の車の展示車を見に行こうとホームページの情報を頼りに別のディーラーまで足を運んだら車両入替中ですと言われ(これに関しては日産のホームページ情報管理に文句を言いたい気分です。確かに電話して確認せよと書いてありますが、2月の頭に移動させたと言われた車がその2週間後でも掲載されているのはどうなのよと思いました。勿論、確認しない自分が悪いのは間違いないですが、ちょっと残念ですよね。)、どれだけググっても出てこなかったうちの車の色が、ここにきて全国ディーラーの試乗車に出てくるようになりました。私がオーダーしてしまったせいで「少しまとめて作らないと塗料が勿体ないなあ」とかいってついで生産されてしまい、捌きようがないので試乗車で大量に出回ったんじゃないかとバカな想像をしております。とにかく画像で見られて一安心。でもディーラーさんからは車が着いたという知らせが来ません。はて。

 

購入決定した日のお話の続きです。

到着して早々に実物を見たせいですっかりテンションが上がり、ノートnismo Sの見積もりを作ってくれとお願いしたのですが、営業さんはとりあえずエクストレイルとセレナの見積もりを見てくれと取り合ってくれません。年末にe-power nismoの見積もりも作ってもらったのですが、これももの凄く気乗りしていない雰囲気でした。やっぱり元々の単価が安い小さいクラスの車は粗利が取れないんでしょうか。

冗談はさておき、先に書いたと思いましたが、元々自転車を載せたり家族全員で車中泊したりしながら遠出するような生活でしたので、あまりにそこから離れる車は勧めにくいと考えてくれたのでしょう。セレナとエクストレイルはかろうじて代替機として使えそうですのでそちら推しにしてくれていると思われます。ただ、どちらも積極的には選びにくいのも先に書いた通りでした。

 

初売りの在庫車もびっくりするほどの値引きでもなく、営業さんも注文した車でもそこまでは最低でも頑張ってくれると言ってくれました。とはいえまだまだ全然満足のいく金額でもありません。nismo Sが赤丸急上昇ですが、妻が運転できなくなりますので一度家に帰って相談しなければなりません。その日の午後にリーフの抽選がありますが、まだ時間もあるし、ついでにフォルクスワーゲンに商談に行きたいとも思ったので、取りあえず一度帰ることにしました。

 

そして家で昼飯を食べていたら、営業さんから電話が入って当選したので車を決めてくれと言われました。ぽかーんです。抽選箱に申し込み書を入れた時にはあんなにテンション高かったのに、いざ当たったと言われるともの凄い不安と後悔が襲ってきました。いくら驚いちゃうくらいの値引き相当になったと言っても、これからは150km以上の旅は今までどおりには出来ない生活をしなければならないのです。恐らく1年以内にはもっと使いやすい電気自動車が出ると分かっているのにです。ですが、今回の商談の中で営業さんから聞かされていました。この抽選が結構な倍率で、しかも厳正に行われるということを。ここで私がキャンセルしたら他の応募した方に申し訳ないです。しかも営業さんにもお約束しました。男に二言があってはいけません。

 

かくして私はリーフを買うことになりました。子どもたちと妻がそこそこ喜んでくれたのがせめてもの救いでした。ちなみに同じディーラーさんで当選された方はお一人キャンセル後、再抽選で当たった方も含め、全員リーフを注文されたそうです。一応幸せな結末と言えるでしょうか。一つだけ愚痴るとすれば、キャンセルした方は一等賞、私は二等賞でその間には少なからぬギャップがありました。神様、どうせなら一等賞を充てていただきたかったです(罰当たり)。

 

*担当さんと書いていたところを統一する為に営業さんに直しました。

何故リーフを買うことになったのか 8

忙しさにかまけて更新をさぼるとあっという間に日が経ちますね。気が付けばうちのリーフはオーテックから出庫される日になっていました。今日はディーラーさんお休みなので到着しませんが。このままだと納車までに話が終わりませんので少し急がないといけませんが、PTAの資料とか会社の資料とか作るものばっかりで全く話が進む気がしません。まあ未だに納車の日取りも決まっていませんからいいですか。

 

 

 そんなわけで当たるはずもないパサートの頭金とリーフの頭金抽選の権利を持ったまま、新年初の日産ディーラーに向かいました。一応リーフの抽選日だったのですが、初売り期間だったので元々の候補車の条件を聞くことが目的でした。心の中ではノートe-Powerパサートに絞っていましたが、初売り対象になっているエクストレイルとセレナの在庫車で掘り出し物があればそちらに方向を切り替えようかなとか思ってました。上の子は学校の宿題の追い込み、下の子は実家、妻は仕事で誰もつきあってくれずに淋しい一人旅です。

 

 

道は空いていてスムーズにディーラーに到着いたしました。そこで待ち受けていたのがこの車でした。

 f:id:leafukufuku:20170222085831j:plain

f:id:leafukufuku:20170222085916j:plain

f:id:leafukufuku:20170222085916j:plain

 

ノートnismoS!!

聞くと今日着いたばかりの車だそうです。

誰かのセカンドカーでしょうか。流石都会は金持ちが多いなあとか考えていましたら「座ってみて良いですよ!」

いやいや、オーナーさんに申し訳ないですしと言っていたらこれ展示車でした。どちらかというと商用車とタワーマンションのハイソなオーナーさんが多いこのディーラー(私はどちらでもなかったですが…)でこういう車を展示するのは、やっぱり趣味人のセカンドカー狙いなんでしょうか。

 

f:id:leafukufuku:20170222090300j:plain

f:id:leafukufuku:20170222090302j:plain

 

オプションのレカロ付です。この瞬間は本気でこの車を注文しようと思いました。

 

ちょっとまた忙しくなっています。余裕が出来たところで一気に注文まで行きたいと思います。

続く。

何故リーフを買うことになったのか 7

怠さが全く抜けませんが、高熱が出ないのでインフルエンザではないだろうと(勝手に)判断、出社しましたがビックリするくらい節々が痛みます。実に困った状況です。早く元気になりたーい。

 

 

さて、ノートe-POWER NISMOでほぼ決まり的な雰囲気になっていた我が家ですが、実は私自身はちょっと気になっていた車がありました。フォルクスワーゲンパサートGTEヴァリアントです。

 

edrive.volkswagen.co.jp

正直今でも欲しい…

 

ハイブリッドならプラグインという風に考えていました。ところが日産からは全然出てこない。国産の他社は論外、外車も高い車ばかりという状況で、選べる車が殆ど無い所、唯一選べそうだったのがフォルクスワーゲンでした(それでも十二分にお高いんですが)。しかもエコに振ったというよりはモーターパワーでGTI風に走るぜ!みたいな売り方が大変気に入った次第です。そんなわけでゴルフGTEがデビューした時に試乗に行ったのです。営業さんの電話対応が面倒な私は基本買う気が無い車の試乗には行きませんが、この時はどうしても乗ってみたかったのです。結果、大変面白い車でとても気に入ったのですが、やっぱりエルグランドからの乗り換えにはちょっと小さいと思いましたし、何と言ってもお値段が高かったのでその場はそれっきりになってしまいました。(ちなみにこのタイミングは例の排ガス不正の直後でしたので、買う気だったら結構なチャンスだったのかもしれません。もっともゴルフGTEはその後値下げされているのでどっこいどっこいでしょうか。いずれにせよ当時外車の値引きって豪快だなあと思いました)

今回改めて日産で選べる車が無いなあと考えた時、外車ならいいんじゃない?と思いました。そこで急上昇したのがパサートGTEヴァリアントでした。値段はゴルフGTEに輪をかけてバカっ高いので本来検討の範囲外ですが、以下のような理由で候補にねじ込むことにしました。

・モデルチェンジしたばかりで直ぐに新型が出たりしない。デジタルメーター等の最新鋭装備も充実。

・日産では選べないステーションワゴン。扱いやすくて広くて便利(昔アベニールに乗っていたので実感してます)

プラグインハイブリッドだから燃料費は下がる筈。

・値引きがすごいから意外と安いかも。

・一応外車だから値落ちが少ないんじゃないか。

正直、下の3つは気のせいじゃないかと思いますが、とにかく家の人の説得を続けました。そんな中、こんなイベントがアナウンスされたのです。

 

web.volkswagen.co.jp

買う気のある人、2017年3月12日までですからまだ間に合います!(リンク切れしたら消します)

 

どこかで聞いたことのある話ですが、これが当たったら買っても良いという了解を取り付け、無事にパサートGTEヴァリアントが候補になったのでした。ついでに試乗したゴルフGTEが中古で出ていて、こちらも0.1%ローンキャンペーンを実施しているので候補に追加されました。今回はここまで。ようやく1/5まで来ましたよ。次回急転直下の1/7です。

 

 

 

何故リーフを買うことになったのか 6

やられました。インフルエンザだと思われます。日曜日の晩から節々の痛みと微熱が出てます。高熱にはならなかったのですが未だに脚が痛んでいて全身だるいです。とうとう今日は欠勤です。これだけ体調が悪い時にフォーアールエナジーさん(資料請求でリーフの充電ケーブルをプレゼントしてくれるキャンペーンをやっていた家庭用蓄電池の会社さんです)からセールスの電話がかかってきたのでたいそう冷たくあしらってしまいました。大人げなかったです。お電話をくださったお姉さん申し訳ないです。本当にぶっ倒れそうなタイミングだったのでご容赦ください。

 

 

さて、試乗も終えて正月休み、うちでは3つの派閥が出来上がっておりました。セレナ派、エクストレイル派、ノート派です。

セレナ派は子ども達、やはり最新機能は子どものハートをがっちりと掴むようです。ただ、この派閥はエクストレイルも結構好きで、かつNISMOも大好きなので結構懐柔しやすそうでした。

エクストレイル派は私です。型遅れ目前なので諸々の妥協はしますが、エルグランドから乗り換えるとするとそれなりに動機付けが必要だと思っていて、SUVだったらもう少し悪路で激しく走ることにチャレンジできたりするのではないかと考えてました。あわよくばNISMOエアロをつけられないかななどとも。

意外なノート派は妻でした。彼女曰く、今回望まない乗り換えで、どの車を買っても妥協が必要になってしまう。これからいろいろ物入りなところ、そうそう車を買い替えることはできない。それなら新技術を採用した車で且つNISMO仕様、それでいてセレナ・エクストレイルより安価で維持費が安いノートe-POWERにしておけば、私が最も満足できるのではないかとのことでした。

この説明は私の心に響きました。今回、タイミング的には全く望ましくない乗り換えです。正直早いうちに買い替えか増車を考えたいと思っていました。しかしそこでお金がない可能性は非常に高く、だとするとe-POWERを選ぶのは大正解ではないかと考えるようになりました。更に妻は自分が運転しないことを了承できるのであればという前置き付きでNISMO Sを買っても良いとまで言ってくれました(ただ、通勤で使うので奨めはしないととも言われましたが)。これですっかりその気になってしまいました。子ども達を一生懸命説得し、正月明け時点の我が家はノートe-POWERで決まりというムードになりました。

 

なんとかあと3回くらいで終わりそうです。ずいぶん端折って書いているのに長くなりますね。

車の前にまた物が届く

年末色々なものをネットで爆買いしたところ、妻の不興を買った為買い物を自粛しております。ところが、昨日また物が届きました。写真撮り忘れですがこちら。

 

カーメイト ルーフキャリア inno ベーシック取付フック K405 適合車種:リーフ(H.23-)他
 

 

前にも書いた通り、経験から不人気車のパーツは早めに手配する主義ですので、手持ちのキャリアとルーフボックスを有効活用する為に注文していました。予想通り取り寄せでしたが1週間~2週間くらいの納期だったでしょうか。カーメイトさんの部品はすぐ届いていいですね。(但し今回は車が無いのであまり意味がなかったのですが)

車は特に連絡が来ていませんので恐らくそろそろ形になって追浜のラインを流れているでしょう。超不人気色だから目立って仕方ないと思っていましたが、良く考えるとそういう色はレンタカーに出てくるんですよね。この先意外と見かけるのかもしれません。

何故リーフを買うことになったのか 5

一昨日仕事終わりに通勤車のモコの部品を取りにディーラーさんに行ったところ、記入が必要な追加の書類があるとのことで頂いてきました。まだナンバーが決まらないので押印くらいしかできませんが助成金の申請とZESP2の申し込み用紙、その他でした。早々にレンタカーを借りたい予定があるのでZESP2の申し込みが出来るのは有難いです。早速持ち帰り記入し、返送しました。納車はほぼ予定通り今月末ギリギリくらいになりそうです。楽しみかと言われると微妙な感じですが、とりあえず足が足りないので来てくれればありがたいです。

 

 

 

候補車が決まったのでディーラーに行きました。

セレナは初めて試乗しました。乗った瞬間、視界が開けていることとエルグランドよりはるかに低いフロアが好印象でしたが、やはり「狭い」と感じてしまいました。3.5のⅤ6に比べるとさすがに非力でしたが、普通に走る分には十分だと感じました。4気筒でもエルグランドに比べて意外とうるさく感じなかったのも良かったです。(というかエルグランドがおんぼろだったので相当うるさくなっていたのだと思いますが)プロパイロットは市街地だったので殆どまともに動きませんでしたが、自動追従は出来るのを確認できました。結構褒めて書きましたが、まあ想定の範囲内という感じです。

次にエクストレイルハイブリッドに乗りました。これは何回も乗った車ですが、前回試乗した時に感じたモーター駆動時のもっさり感はあまり気になりませんでした。ひょっとしたら個体差かもしれませんが、逆にはずれを引くか経年劣化後の事を考えるとおっかない気がしました。車自体がそこそこ大きいので安心感はありますが、車内はタイトで乗り換えにはそれなりに覚悟がいるなあと思いました。

あまりときめかない試乗を終えたあと、ノートe-POWERもあったので乗せてくれとお願いしました。乗ってみるとこれが非常に楽しい!代車やレンタカーでリーフを借りた時、いつもモーターならではの加速感を楽しんでいたのですが、同じモーターで車重は200キロくらい軽い車ですから、本当に軽快なのです。私は太陽光発電やら充電用コンセントやらついている家に住んでいるので、ハイブリッドはプラグイン以外興味がありません。e-POWERもただのシリーズハイブリッドと聞いて興味が無くなっていたのですが、この試乗でそんな気持ちは吹っ飛びました。これは面白い。ノートなら予算的には範囲内の筈ですし、NISMOモデルも視野に入れられます。そう考えて試乗終了後直ぐに見積作成をお願いしました。営業さんはそうなる気がしたのであまり乗せたくなかったと後で言っていました。やっぱり小さい車は利益が少ないんでしょうか。

想定外の1台を加えた3台の見積を見ながら営業さんと雑談を始めました。今日は初回ですから最初の見積もりだけ貰って帰るつもりでしたし、新しい候補車が挙がってしまいましたから持ち帰って再検討が必要です。お茶を飲み終わったら帰ろうと思っていました。そこで営業さんが一枚の用紙を持ってこられたのです。

 

e-POWERが候補に挙がったところで、ふくふくさん元々リーフがお好きなので、もしよかったら参加されませんか?と持ってこられたのはリーフの頭金が当たるという販社さんのキャンペーン用紙でした。来店者限定で参加でき、当たるとなかなかの金額を補助してくれるという内容です(オープンになっていないようなので詳細は差し控えますね)。基本くじ引きは大好きなので参加する主義ですし、営業さんがおっしゃるようにリーフは嫌いではありません。ただ、遠出が多いうちでは候補にならないだけでした。もし表示されている金額値引かれるのなら十分検討に値する気がしました。

これ当たったらすぐリーフ契約しちゃうよ!と軽口をたたいて記入しました。逆に契約するから当てさせてよと言ったら抽選は厳正に行いますからと返されてしまいました。当選発表は年明けということでしたので、次の商談もそれくらいにするつもりでこの日は退散しました。