読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

leafukufuku’s blog

2017年からリーフと過ごす、時代にかなり乗り遅れた人のブログです。フォルクスワーゲンの話はほとんどありませんので念の為。

さよならエルグランドの続き

E51エルグランド

昔から文書が長いと怒られます。今回も長いです。

 

 ガソリンスタンドを出るとすぐ高速に乗りました。モコが付いてきているのでそんなに飛ばせません。上の子は最後なんだから踏んでよと言います。下の子は一番後ろの列に行って静かになっています。サスが抜けているせいで3列目はピッチングが酷いので、車酔いしないかどうか心配になりました。そしてETCのゲートで事件は起こります。

 

 

 

 なんとゲートが開かないのです。生まれて初めてゲートバーを押しのけてしまいました。車を停めると妻が後ろでハザードを焚いてくれています。どうやらナビの配線を抜いた時にETC受信機も切ってしまったようです。大失敗です。妻は自分の事は気にしなくていいから好きなスピードで走って行って、目的地で合流しようと言ってくれました。

 

お言葉に甘えて少しアクセルを開けました。タイヤもツルツル、サスも抜けている、ボディもヤレヤレ状態なので走りもへったくれもないのですが、エンジンだけは調子がいいので気持ちよく吹け上がっていきます。予想通り3列目がぼんぼん跳ねています。下の子はこれまた予想通りに気分が悪くなってしまったようなので、ペースを落として妻を待つことにしました。元々E51は新車状態でも3列目は結構揺れる車だったので酔うのは無理もないことです。

 

目的地でモコと合流しました。妻がエルグランドが走っている姿を初めて外から見たら胸に迫るものがあった、私も見てみたらどうかと勧めてくれましたが、それこそ辛いことになりそうなので遠慮しておきました。みんなで流行の映画を見ました。面白かったのですが会話はあまり弾みませんでした。

 

そして最後の行程、ディーラーまでの数キロとなりました。エルグランドの後ろからモコが付いてきます。あんなに気分が悪いと言っていたのに下の子は一番後ろの席にいます。彼にとって最後列は自分だけの特等席だったのでしょう。助手席に陣取る上の子は普段はあまり使わないスイッチを押したがります。四駆の切り替え、ATのモード切替、リクエストに応えました。四駆にすると前輪のデフが唸りだします。ATのモードは分かりにくかったようです。最後にもう一回アクセルを開けろとせがまれましたが、一般道ですから断りました。走っている辺りは4年前まで住んでいた街です。ずいぶん景色が変わりました。私は引っ越しを選んでこの景色を日常から失ったのですが、今回はその景色の中にいた車を失います。この車はこの街に引っ越し、妻と結婚し、上の子が生まれた後に買ったものです。この車を買った時、この街から去ることになるなんて思ってもいませんでした。随分とおセンチな話ですが、私はもう感情が停止したようになっていました。

 

 

ディーラーを出てから数百メートル、最後のメーターの写真を撮るのを忘れたことに気づきました。上の子は戻ろうと言いました。私はもう振り返らないと決めていましたので断りました。下の子がエルグランドでもっといろんなところに行きたかったと泣いています。全然特別な車じゃなかった。レンタカーでエルグランドを借りたって全く一緒です。それでもうちの家族はあのエルグランドが大好きでした。最高の車だと思ってました。これからもそうだと思います。

 

このメーター画像は少し前に撮影したもので、記録としては全く意味がありません。この後400km位は走っています。それでも、私が最後に自分で記憶したエルグランドのメーターです。本当にありがとう。

f:id:leafukufuku:20170124200445j:plain