読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

leafukufuku’s blog

2017年からリーフと過ごす、時代にかなり乗り遅れた人のブログです。フォルクスワーゲンの話はほとんどありませんので念の為。

何故リーフを買うことになったのか 4

リーフ 納車前

上の子がインフルエンザB型に罹りました。一昨日から絶賛発熱中で辛そうです。お医者様の話だと既に家族も感染している可能性が高いそうでマスクをしています。確かに筋肉痛が出ている上に少し怠い気がしますが、単に仕事したくない病のような気もするのでよく分かりません。

あまりに更新のペースが遅すぎて車選びの事を忘れそうなうえ、納車になってしまうかも知れませんのでもう少し急ぎたいと思います。とはいえまだ2週間以上先の話なんですが。

 

 

 

 その3で書いた通り、車の購入に当たっては

「エルグランドに修理費とガソリン代を払うくらいの金額までで抑える」

ということが条件になりました。エルグランド大体月2-3回のペースでハイオクを給油しており、半年ごとに点検していましたのでランニングコストは結構かかっていました。ざくっとそれらの費用を月割りにして考え、候補に挙げたのは以下の3車です。

それぞれの私が考えた利点と不利点です。

 

 

1.エクストレイル

利点…もともと乗っていたこともあり、SUVは好きです。ミニバンから乗り換える意味も見出しやすいな(もう少しオフロードを走ってみるとか)と感じていました。エクストレイル自体も出た時から好印象でした。

不利点…既にビッグマイナーの噂が出てから久しく、恐らく1年以内に確実にモデルが変わるであろうことが大きかったです。現行車には付いていないプロパイロットが付くかもと言われていますので、この機能に大変魅力を感じている私としては今買うのはちょっと…と思いました。また、試乗時の印象としてハイブリッドの動作が緩慢で、動き出しなどがもっさりしていたのも気になっており、買うならガソリンで値引き狙いかなと思っていました。

 

2.セレナ

利点…エンジンなどはキャリーオーバーとはいえ、最新型です。色々な先進装備が魅力的でしたし、細かいところも使い勝手が良くなっているように感じました。デザイン的にも嫌いではありません。

不利点…ダウンサイジングとか理由はつけられますが、絶対的に狭くなってしまうことが最大の難点でした。子どもがこれから大きくなるところでわざわざ小さい車にする理由が自分の中では上手くつけられそうもありませんでした。それから値段がとにかく高い。先進装備がついていると言っても実質前車追従のクルコンです。ゴルフでもついているものをここまでふっかけられるのはちょっとなあと思いました。ハンズフリーのスライドドアも一度も開かずイライラしました。

 

3.NV350キャラバン

利点…何と言っても広い荷室です。自転車、キャンプ、スキー、車中泊、私がやりたいことどれをとっても楽々収めることが出来る車です。何回か代車で借りましたがディーゼルターボも力があり、とても楽しく運転できました。

不利点…やはり商用車ですので乗り心地・騒音・空調どれをとっても乗用車にはかないません。特に乗り心地は車好きだが車酔いするうちの家族には厳しいと思いました。キャンピング仕様などに架装出来れば違うと思いますが、そちらは予算オーバーでした。購入するとしたら四駆なのですがエマージェンシーブレーキがつかないのもマイナスポイントです。

 

家族会議の結果3は却下されたのでエクストレイルかセレナでの代替えを前提にディーラーに向かいました。これが12月中旬の話です。なぜか候補にリーフが居ません。理由は次回に。