読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

leafukufuku’s blog

2017年からリーフと過ごす、時代にかなり乗り遅れた人のブログです。フォルクスワーゲンの話はほとんどありませんので念の為。

何故リーフを買うことになったのか 5

一昨日仕事終わりに通勤車のモコの部品を取りにディーラーさんに行ったところ、記入が必要な追加の書類があるとのことで頂いてきました。まだナンバーが決まらないので押印くらいしかできませんが助成金の申請とZESP2の申し込み用紙、その他でした。早々にレンタカーを借りたい予定があるのでZESP2の申し込みが出来るのは有難いです。早速持ち帰り記入し、返送しました。納車はほぼ予定通り今月末ギリギリくらいになりそうです。楽しみかと言われると微妙な感じですが、とりあえず足が足りないので来てくれればありがたいです。

 

 

 

候補車が決まったのでディーラーに行きました。

セレナは初めて試乗しました。乗った瞬間、視界が開けていることとエルグランドよりはるかに低いフロアが好印象でしたが、やはり「狭い」と感じてしまいました。3.5のⅤ6に比べるとさすがに非力でしたが、普通に走る分には十分だと感じました。4気筒でもエルグランドに比べて意外とうるさく感じなかったのも良かったです。(というかエルグランドがおんぼろだったので相当うるさくなっていたのだと思いますが)プロパイロットは市街地だったので殆どまともに動きませんでしたが、自動追従は出来るのを確認できました。結構褒めて書きましたが、まあ想定の範囲内という感じです。

次にエクストレイルハイブリッドに乗りました。これは何回も乗った車ですが、前回試乗した時に感じたモーター駆動時のもっさり感はあまり気になりませんでした。ひょっとしたら個体差かもしれませんが、逆にはずれを引くか経年劣化後の事を考えるとおっかない気がしました。車自体がそこそこ大きいので安心感はありますが、車内はタイトで乗り換えにはそれなりに覚悟がいるなあと思いました。

あまりときめかない試乗を終えたあと、ノートe-POWERもあったので乗せてくれとお願いしました。乗ってみるとこれが非常に楽しい!代車やレンタカーでリーフを借りた時、いつもモーターならではの加速感を楽しんでいたのですが、同じモーターで車重は200キロくらい軽い車ですから、本当に軽快なのです。私は太陽光発電やら充電用コンセントやらついている家に住んでいるので、ハイブリッドはプラグイン以外興味がありません。e-POWERもただのシリーズハイブリッドと聞いて興味が無くなっていたのですが、この試乗でそんな気持ちは吹っ飛びました。これは面白い。ノートなら予算的には範囲内の筈ですし、NISMOモデルも視野に入れられます。そう考えて試乗終了後直ぐに見積作成をお願いしました。営業さんはそうなる気がしたのであまり乗せたくなかったと後で言っていました。やっぱり小さい車は利益が少ないんでしょうか。

想定外の1台を加えた3台の見積を見ながら営業さんと雑談を始めました。今日は初回ですから最初の見積もりだけ貰って帰るつもりでしたし、新しい候補車が挙がってしまいましたから持ち帰って再検討が必要です。お茶を飲み終わったら帰ろうと思っていました。そこで営業さんが一枚の用紙を持ってこられたのです。

 

e-POWERが候補に挙がったところで、ふくふくさん元々リーフがお好きなので、もしよかったら参加されませんか?と持ってこられたのはリーフの頭金が当たるという販社さんのキャンペーン用紙でした。来店者限定で参加でき、当たるとなかなかの金額を補助してくれるという内容です(オープンになっていないようなので詳細は差し控えますね)。基本くじ引きは大好きなので参加する主義ですし、営業さんがおっしゃるようにリーフは嫌いではありません。ただ、遠出が多いうちでは候補にならないだけでした。もし表示されている金額値引かれるのなら十分検討に値する気がしました。

これ当たったらすぐリーフ契約しちゃうよ!と軽口をたたいて記入しました。逆に契約するから当てさせてよと言ったら抽選は厳正に行いますからと返されてしまいました。当選発表は年明けということでしたので、次の商談もそれくらいにするつもりでこの日は退散しました。