読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

leafukufuku’s blog

2017年からリーフと過ごす、時代にかなり乗り遅れた人のブログです。フォルクスワーゲンの話はほとんどありませんので念の為。

リーフのグレードとかいろいろを決めた話

リーフ 納車前

先のエントリーの話の続きになりますが、色を選んだ時には妙なテンションだったのでこれまでに見たことに無い色から選びました。ところが、後でよくよく考えてみると、不人気色ってレンタカーになることが多いですよね?車種違いも含め同色の車をあまりにも見かけないので、最初は悪目立ちしないかと心配していたのですが、最近はレンタカー色になっちゃったらどうしようと心配しています。法人向けは特価になっているのか、充電場所が増えたからなのか、最近カーシェアリングとかでもよく見かけますよね、リーフ。

 

予算的な都合があり、グレードは2択でした。

①G 30kwh thanks Edition

②Xエアロスタイル thanks Editionに革シート以外のG相当のオプションを付ける

①は妻と上の子が推していました。妻は久しぶりに革シートの車に乗りたいというのが理由、子どもはスポイラーの太陽光発電に興味があるという理由でした。

②は私が推していました。革シートにそこまでの執着は無く、そこにお金を使うならエアロとかに使いたいという気持ちがありました。①と②は似通った値段になりますので、それなら②だろうと思っていました。正直なところ、上の子もnismoのエアロをつけたいと言っていた位なので乗ってくれると信じていたのですが、エアロスタイルでは駄目だったようです。まあ確かにそれほど派手ではないですから仕方ないところでしょうか。

両方の見積もりを出してもらったところ、②の方が残価が高いことが判明。結構しっかりとした差がありました。エアロスタイルというところがポイントだったと思われます。結果、子どもの意見はお金の都合に負けることになりました。

 

次は色です。残価設定型ローンということで下取を考える必要がありません。ということはどんな不人気色を選んでもいいわけです。ここでまた意見が分かれました。

 

ソニックブルー派 これは上の子です。そのモデルのイメージカラーなどにこだわるタイプの子なので、よくわかります。

②ダークグレーorソニックシルバー派 これは下の子です。こちらは恐らく前のエルグランドがシルバーだったのでそこに近い色を選んだものと思います。

③タンジェリンオレンジ派 私です。とにかく変わった色に乗ってみたいと思っただけです。ただ、GT-Rやポルシェでも似た色のカッパ―が出てきていましたので、結構エアロスタイルに似合うし、意外と流行るのではないかと思ってました。

④どうでもいい派 妻です。もはや私に何を言っても仕方ないというか、人生に数回であろう車の購入に乗り気でなく投げやりな私に同情したというか、基本私の意見で良いと言っておりました。

 

ちなみに白と黒はメジャーなので却下しました。

この色決めはさんざん揉めましたが、協議の結果タンジェリンオレンジにほぼ決まろうとしていました。ちょうどその時、旅ホーダイのCMが流れたのです。最後まで反対する下の子に「ほら、あの色だよ、結構いいでしょ?しかもエアロスタイルだから珍しいよ」と説得すると「でもCMの車、エアロスタイルだよ」。

なんですと?

慌ててホームページを見てみると、本当です。エアロスタイルです。珍しい色だからという材料は消滅しました。私のテンションも激落ちです。

 

その後多少の議論がありましたが、結局もう1色の変わった色で行くと新たに宣言しました。勿論子どもたちはブーイングです。が、私は正直もうだいぶ面倒になっていました。正直何色でも良い、ただレンタカーとかご近所とかとかぶらなければどうでもいいと思っていました。こうして我が家の車の色は決まったのでした。

 

2回にわたって書いた通り、正直失敗したなと思っています。実物が思ったより格好いい色でありますように。