読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

leafukufuku’s blog

2017年からリーフと過ごす、時代にかなり乗り遅れた人のブログです。フォルクスワーゲンの話はほとんどありませんので念の為。

何故リーフを買うことになったのか 3.5番外編

リーフ 納車前

下の子どもが色々と調子が悪いようで、日曜日は急遽元気を出してもらうようにお出かけしてきました。出先でも鼻血を出したり色々と大変でしたが、少しは楽しんでもらえたようで何よりでした。が、この子と出かけるといつも食事代がえらいことになるのが難点です。昨日もラーメンを食べる筈だったのですが

・予定していた店が改装工事中(これが一番ダメージでかかった)

・代案として考えていた店が豚骨系だった(子どもは東京風醤油が一番好きで豚骨が一番嫌い)

・歯科矯正している為食べられそうなものが少ない

ということで、駅中のお寿司屋さんのイートインになりました。所用で参加できなかった前日の飲み会の分お金が浮いていたはずだったのにあっという間になくなりました。悪意はないので憎めませんが、実に悪魔のようなやつです。

 

 

 

 さて、車を変えることを真面目に検討し始めたのですが、そもそも我が家には「日産車以外乗らない」という不文律がございます。今回これについて書きたいと思います。

 

「私の父親が昔勤めていたから」

一言で行ってしまえばこれだけなのですが、私の成長過程において家の車は常に日産車、野球を見に行くのは夏の都市対抗、サッカーはJSLか天皇杯、興味があるスポーツの結果は卓球か陸上(ここマニアックな話なので分かる人だけ分かってください)、レースは勿論日産車の応援という状況だった為、なるべくして日産フリークになったという感じです。当然のように就職試験も受けましたが3年生にして優一(優が一つしかないことです。念の為。)だった私が合格するはずもなく、まったく別の会社に就職し、ただの日産バカという実にみっともない現状になりました。

ちなみに社員でもないですしお取引もないですが未だに社歌・世界の恋人・戦わんかな・GOGO日産を歌えます。タイミングが合えば工場祭なども行きますし、ギャラリーのイベントは基本チェックしています。ひとつも自慢になりません。そんな私が車を買うとしたらやっぱり日産車しか選べませんでしたし、実際これまでの2台は日産車でした。

ただ、このような縛りを自分に課すことは一つも良いことが無いのは十分に判っております。免許取りたての頃は友達の家のマークⅡやクラウンを運転させてもらうとその楽ちんさ(いい意味で)にビックリし、レンタカーで借りたレオーネの雪道での安心感に感動したりしました。もう少し経って友達が買ったCR-Xデルソルの屋根開けはガンダム世代には堪らないものでしたし、インテグラタイプRはモーターみたいに回るエンジンがとても楽しい車でした。等々。

そんなわけで子どもたちにはいろいろな車に興味を持ってほしいと思い育ててきました。友達の車には積極的に乗せてもらうよう仕向けましたし、車を手元に置いていなかった時期、タイムズプラスで借りるレンタカーは日産車以外を選びました。デミオ良い車だったなあ。子どもたちも毎回違う車に乗れることで色々楽しんでいたように見えました。

が、子どもたちは私の教育以上に祖父(私の父です)を尊敬していたようです。実家に行った時に見せられる昔の写真やエンブレムを見せられたり貰ったり、テストドライバーをしていたころの話を聞かされたりしていたのが良かったのか悪かったのか。結果私以上の日産好きになっておりました。

分かってはいましたが今回、車を選ぶ話をしたところ、日産以外の車を選択肢としてあげると猛然と反対されました。子どもたちはスポーツカーが大好きですし、思い切って趣味的な車にするのもいいかと思い、86、WRXロードスターなどを挙げてみましたが全然良い反応を得られません。日産には今選びたい車が無いということが分かっていても、どうしても他社の車に乗ることは考えられないらしいのです。挙句俺の金で買うんだから文句を言うなというと黙りましたが、そろってうっすら涙を浮かべています。面倒くさいです。

 

そんなわけでうちの車はまだしばらく日産車でなければならないことになっております。