読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

leafukufuku’s blog

2017年からリーフと過ごす、時代にかなり乗り遅れた人のブログです。フォルクスワーゲンの話はほとんどありませんので念の為。

何故リーフを買うことになったのか 9(一応完結)

あまりにも選んだ色がマイナーすぎて今日に至るまでカタログ画像しか見たことが無く、せめて同じ色がある別の車の展示車を見に行こうとホームページの情報を頼りに別のディーラーまで足を運んだら車両入替中ですと言われ(これに関しては日産のホームページ情報管理に文句を言いたい気分です。確かに電話して確認せよと書いてありますが、2月の頭に移動させたと言われた車がその2週間後でも掲載されているのはどうなのよと思いました。勿論、確認しない自分が悪いのは間違いないですが、ちょっと残念ですよね。)、どれだけググっても出てこなかったうちの車の色が、ここにきて全国ディーラーの試乗車に出てくるようになりました。私がオーダーしてしまったせいで「少しまとめて作らないと塗料が勿体ないなあ」とかいってついで生産されてしまい、捌きようがないので試乗車で大量に出回ったんじゃないかとバカな想像をしております。とにかく画像で見られて一安心。でもディーラーさんからは車が着いたという知らせが来ません。はて。

 

購入決定した日のお話の続きです。

到着して早々に実物を見たせいですっかりテンションが上がり、ノートnismo Sの見積もりを作ってくれとお願いしたのですが、営業さんはとりあえずエクストレイルとセレナの見積もりを見てくれと取り合ってくれません。年末にe-power nismoの見積もりも作ってもらったのですが、これももの凄く気乗りしていない雰囲気でした。やっぱり元々の単価が安い小さいクラスの車は粗利が取れないんでしょうか。

冗談はさておき、先に書いたと思いましたが、元々自転車を載せたり家族全員で車中泊したりしながら遠出するような生活でしたので、あまりにそこから離れる車は勧めにくいと考えてくれたのでしょう。セレナとエクストレイルはかろうじて代替機として使えそうですのでそちら推しにしてくれていると思われます。ただ、どちらも積極的には選びにくいのも先に書いた通りでした。

 

初売りの在庫車もびっくりするほどの値引きでもなく、営業さんも注文した車でもそこまでは最低でも頑張ってくれると言ってくれました。とはいえまだまだ全然満足のいく金額でもありません。nismo Sが赤丸急上昇ですが、妻が運転できなくなりますので一度家に帰って相談しなければなりません。その日の午後にリーフの抽選がありますが、まだ時間もあるし、ついでにフォルクスワーゲンに商談に行きたいとも思ったので、取りあえず一度帰ることにしました。

 

そして家で昼飯を食べていたら、営業さんから電話が入って当選したので車を決めてくれと言われました。ぽかーんです。抽選箱に申し込み書を入れた時にはあんなにテンション高かったのに、いざ当たったと言われるともの凄い不安と後悔が襲ってきました。いくら驚いちゃうくらいの値引き相当になったと言っても、これからは150km以上の旅は今までどおりには出来ない生活をしなければならないのです。恐らく1年以内にはもっと使いやすい電気自動車が出ると分かっているのにです。ですが、今回の商談の中で営業さんから聞かされていました。この抽選が結構な倍率で、しかも厳正に行われるということを。ここで私がキャンセルしたら他の応募した方に申し訳ないです。しかも営業さんにもお約束しました。男に二言があってはいけません。

 

かくして私はリーフを買うことになりました。子どもたちと妻がそこそこ喜んでくれたのがせめてもの救いでした。ちなみに同じディーラーさんで当選された方はお一人キャンセル後、再抽選で当たった方も含め、全員リーフを注文されたそうです。一応幸せな結末と言えるでしょうか。一つだけ愚痴るとすれば、キャンセルした方は一等賞、私は二等賞でその間には少なからぬギャップがありました。神様、どうせなら一等賞を充てていただきたかったです(罰当たり)。

 

*担当さんと書いていたところを統一する為に営業さんに直しました。